インド料理を作るのが好きで好きで、いつも作りすぎてしまうので
もっと作りたい!だったら食べたい人を集めて食べてもらえばいいじゃん!
ということで、店は持たずにいろんなところでインド料理を作る2人組。
 
2011年にはタミル・ナードゥ州マハーバリプラムにて
インド人にインド料理を作るイベントも!
 
現地の人に「おっ、いつも食ってるやつだ。」と言われて大喜び。
翌日新聞沙汰になりました!
 
 
インド料理ユニットというより、インドをリスペクトするコピーバンドみたいな2人組です。
最近では、タミル映画に出演しちゃったり、インドのムービーダンスを踊ったりもしています。
 
 
 
 
 
インドムービーダンスチーム『サンドーシャン』に参加!
 
 
 
*マサラは正確には『マサーラー』で『香辛料(スパイス)』とか『調味料』、『具』とかいう意味で
ワーラーはヒンディー語で『〜のやつ』という意味なので
『マサラ』+『ワーラー』=マサラワーラー
意味は『マサラのやつ』『マサラ野郎』『マサラちゃん』
英語で言えば『スパイスボーイズ』?
タミル語では『マサーラーッカーラン』になる。
 
まとめサイト『キナリノ』でマサラワーラーをわかりやすく紹介していただきました!
 
おいしいを届けるフードマガジン『Foodies Magazine』でマサラワーラー紹介していただきました!
動画もあります。さらに、FoodiesTVでの放送もあります!
 

武田尋善(たけだひろよし)

画家


 
10代の頃、インドに興味をもちヒンディー語を習ってしまうが、ヒンディー語の通じない南インドにばかりいき、タミル語を勉強する。
芸術活動として絵画、パフォーマンス等なんでも挑戦。
2008年にインド熱がぶり返し鹿島信治とマサラワーラー結成。
オートリクシャー(インドの三輪タクシー)のドライバーでもある。
ナマステインディアでまさかの航空券が当り2013年マサラワーラー2人でインド行き。
http://hiroyoshi-takeda.com

 

鹿島信治(かしましんじ)

ミュージシャン(シタール)


 
何故かシタールを買ってしまい独学でシタールを始める。
2001年ドラム&シタールユニットConti を結成。変拍子、ポリリズムを多用しライブハウスで活動中。
2008年には武田尋善とのカレーユニット、マサラワーラーを結成。
2012年 インドイベントのくじ引きで一等を当ててインドに行くというラッキーが発生!
なんと、またもや航空券が当たるというミラクルが起きて、2013年マサラワーラー2人でインド行き。
http://marchrecordings.web.fc2.com/

 

著作「南インドカルチャー見聞録」

井生明&春奈さんと共著の『南インドカルチャー見聞録』

 インドは、北と南では文化的な違いも大きく、これまで日本ではどちらかというと北のカルチャーが紹介されることが多かったのですが、本書では、まだ一般的にはあまり知られていないけれども、ここ最近は南インド料理を始め、徐々に知られつつある南インドのカルチャーを、祭事、料理、音楽、観光地などに章立てしてオールカラーで紹介していきます。

 著者は、チェンナイにも住んでいたことのある、写真家で南インド古典音楽を始めとする南インドカルチャーに詳しい井生明・春奈夫妻と、インド料理のケータリングユニットとして各イベントに引っ張りだこで人気のマサラワーラー(武田尋善、鹿島信治)による共著となっております。巻末対談では、BS朝日にて毎年秋に放送されている『LISTEN.』がこの秋は南インド編放映されたということもあり、番組を制作されている山口智子さんと、南インド編のコーディネーターとして参加していた井生明さんの対談も収録されております。


各章紹介 10
10 10 10
第一章 10 南インドを歩く
10 10 10
第二章 10 祈りと祝いの南インド
10 10 10
第三章 10 魅惑の南インド料理
10 10 10
第四章 10 南インドの濃厚な伝統文化芸能
10 10 10
第五章 10 映画からみる南インド
10 10 10
第六章 南インドの暮らしと娯楽
10 10 10
第七章 10 日本で南インドを楽しもう


【著者名】  井生明・春奈&マサラワーラー 10
【タイトル 】  南インドカルチャー見聞録 10
【ISBN】  978-4-9907986-0-4 10
【出版社 】   阿佐ヶ谷書院 10
【発売日】   2014年10月29日 10
【定価】   1700円+税 10
【判型】   A5判、オールカラー144頁


こちらの書籍は全国の書店でもお求めになれます。

オンラインでもアジアハンター 、ティラキタ 、アマゾン honto、 ジュンク堂 Yahoo!Shopping、 7ネットショッピングなどで扱っています。
マサラワーラーのイベントで直接お買い上げいただくこともできます。もちろんサインもさせていただきまーす!
 
この本について裏話やらなにやら詳しくは、こちらのリンクをご覧ください。